株式会社テック :: 海外向けファームウェアへの変更方法
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外向けファームウェアへの変更方法
海外で利用する場合のファームウェアへの変更方法

無線機能を有効にした海外で利用するためのファームウエアです。

talostecを海外用ファームウエアに変更します。
ファームウェアの変更ですべてが初期化されます。
インストールしているアプリケーションも削除するのでず、バックアップを取っておいてください。

ファームウエア変更ツールのダウンロード

MT6575_USB_VCOM_drivers.zip 約413KB
MTK_upgrade_tool.zip 約126MB

ファームウェアのダウンロード(※サイズが大きいのでダウンロードに時間がかかります。)

Talos_firmware-nomal.zip 約1.1GB

上記ファイルをダウンロードして下さい。

ダウンロード後全てを解凍して下さい。


MT6575_USB_VCOM_drivers.zipの解凍後のファイル一覧です。

MT6575_USB_VCOM_drivers.jpg 

MTK_upgrade_tool.zipの解凍後のファイル一覧です。

MTK_upgrade_tool-0.jpg

Talos_firmware-nomal.zipの解凍後のファイル一覧です。 

talostec_jp_01.jpg


アップデート方法

ドライバーのインストール

解凍したMT6575_USB_VCOM_driversを開いてください。

VcomDriver.jpg


InstallDriver.exeを起動してください。

パソコンの設定によっては、インストール時に警告のウインドウが表示されますが、インストールを続行してください。

インストールが終われば下記の画面が表示されますのでExitを押して終了しください

VcomDriverEnd.jpg


場合によっては下記画面が表示されますが「このプログラムは正しくインストールされました」を押して終了してください。

VcomDriverEnd2.jpg


 



海外向けファームウエアのアップデート

解凍したMTK_upgrade_toolの中の SP_Flash_Tool_v3.1308.0.125を開いてください。

MTKtool1.jpg

Flash_tool.exe(Windowsの設定によってはFlash_toolと表示されています)を起動してください。

MTKtool2.jpg

Flash_tool.exeを起動すると画面が表示されます。

MTKtool3.jpg

Download Agentボタンを押してください下記選択画面が開きます。
MTK_AllInOne_DA.binを選んでください。(デフォルトで選ばれている場合は必要ありません。) 

MTKtool4.jpg

Scatter-loadingを押してください。

MTKtool3.jpg

解凍しましたTalos firmware-nomalを開いて下さいしてください。
さらに中にあるANMG715002---20140109を選択してください。

MTKtool_nomal1.jpg

out_newを選択してください。

MTKtool_nomal2.jpg

ファイルMT6589_Android_scatter_emmc「PCの設定によってはMT6589_Android_scatter_emmc.txtと表示されます」を選ん「開く」を押してください。

MTKtool_nomal3.jpg

Firmware->Upgradeを押してください

MTKtool_nomal4.jpg

電源を切った状態のtalostecをUSBケーブルで接続してください。
ドライバーが自動でインストールされます。(始めて接続する場合にインストールされます。すでにインストールされている場合はインストールされません。)

次に自動でアップデートが開始されます。
(始まらない場合は一度USBケーブルをパソコンから抜いて再度差し込んでください。)

MTKtool_nomal5.jpg

MTKtool17.jpg

アップデートが終われば以下の画面が表示されます。

MTKtool_nomal6.jpg

ウインドウを閉じてFlash_tool.exeを終了してください。

以上で無線機能が無効に設定されたファームウエアに変更されました。

USBケーブルをはずしてtalostecを起動してください。